転ばぬ先の杖

2014年12月18日

ぞうさん先日コンビニでひなあられを店員さんが並べているのを
みて、あぁもうそんな季節なんだなぁとほんわか。
けれどその横にはマスクがズラリ…

気の重い花粉症シーズンが到来しましたね。
今年は花粉と黄砂とPM2.5の影響で花粉症の方は
より症状がひどくなるとの人もいるのではとの予想だそう。
PM2.5専用マスクも販売されているそうで。。
読んでいただいている方はどうかひどくなりませんように。

縮葉病 バラ科

 

 

 

 

 

 

(写真)バラ科 果樹 縮葉病

ことが起きてしまってから対処するのは仕事も病気も
大変なもの。
今日は「縮葉病」の予防についてお話します。

上の写真は「縮葉病」にかかったバラ科の植物。
ウメ、アンズ、モモなどのバラ科の果樹がかかる
そうです。
葉が縮れたり、赤く腫れ上がったようになります。
カビの一種が病原菌とされています。
病原菌が侵入する適温は13~17℃。
春先~5月までの気温が低く、雨の多い時に発生し、
若い木ほどダメージを受けるそうです。

 

縮葉病 バラ科

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真)バラ科 果樹 縮葉病

こちらは一番被害がひどかった枝葉。
縮葉病は一度症状が出てしまうと、お手上げ。
基本的に被害が浅いうちは発症した葉っぱを除去
しますが、気づいたら全体的に発症していたという場合は
どうしようもありません。
葉っぱを全部取ってしまうと木のダメージが大きいので
八方塞がり。。

こうなる前にこれからの季節が防除のタイミング。
発芽する前にオーソサイド水和剤をたっぷり散布。
希釈倍数は600倍。1本の木当たり牛乳瓶1本分くらいが
目安。
”転ばぬ先の杖”です。

 

神奈川県藤沢市の造園会社 蛭田造園

 

PAGE TOP