アオハダ。

2011年3月30日

植木の生産者さんの畑へ。
ツバキ、モクレンの花がチラホラ。
でも、今日見に来たのは、
生産者さんオススメの木。
アオハダ。

チラホラの写真。

(写真右)ツバキ (写真左)モクレン

アオハダの樹皮は、灰色・緑・薄茶色で斑の様にになっています。
これは、山から持ってきた木なので幹の模様が綺麗に出ているそうです。

樹皮をめくると緑色の層が出てきます。
これが、アオハダの名前の由来。

≪アオハダの特徴≫

株立ちにした時の樹形が良い。
何本もの幹が縦方向に勢い良く伸び、
存在感は周りの空間を引き締めます。

四季を通していろいろな顔がある。

新芽のライトグリーン。
葉は比較的薄くやわらかいので、綺麗に光を透かします。

果実の赤色。
秋口に赤い実を沢山つけます。

紅葉時の黄色。
遠くからでも目立つ黄色。発色良く紅葉します。

生産者さんがオススメするだけあり、いい木でした。
シンボルツリーとしてオススメ。
ただ、高木です。
シマトネリコが植わるスペースなら問題ないですが、
高木なのである程度のスペースは考えてください。

落葉時期なのでさっぱり。

造園施工例を更新しました。

→石張り施工のご紹介

PAGE TOP