砂利の種類と大きさ

初詣でジャリジャリ歩くと埃が舞います。
密集している中での埃はキツイのでサクッサクッと歩きます。

2011年もよろしくお願い致します。

砂利の話。

砂利を選ぶ時は、お客様のご要望を伺い、
建物や庭を形成するオブジェとの相性を考えます。

色・模様
大きさ

質感

仕上がりのイメージを大切に。チョイス。
敷厚も重要。歩いた時の心地よい感覚。
砂利の大きさによって敷厚は異なりますが、
1平米あたり3.5~4袋は必要。(1袋/20kg)

大き目の砂利を使うと仕上がりのイメージ以上の出来になることが多々。
一つ一つの石の強さが出てくるので、強い敷面になります。
実際のモノの強さはイメージを軽く超えます。

写真左は3~4cm 右と比べて少し茶色が濃い
写真右は2cm内外
どっちがいいのか?

3~4cmの大き目の砂利は枕木との相性◎

ディズニーランドのビッグサンダーマウンテン風。かな。

砂利を敷く時は防草シートをお忘れなく!

外構、エクステリアの工事は蛭田造園

PAGE TOP