看板と箱庭(その1:スタート)

2010年4月12日

蛭田圭一会社の前に新しい看板を制作中。
その付近に箱庭もついでに。

目的:
近隣の人がいつ見ても楽しめるスペース

キーワード:
・季節ごとにイメージが変えれらる
・造園の技術を取り入れる
・素材の質感
・植物を活用する
・目的を共有し楽しんで造る

看板

(イメージデザイン)

造園は、デザイナー、お客さん、職人さんの『完成イメージ』の共有が肝。

図面通りに作れることはあまり無いような気がします。

基礎を掘ってみたら、水道やらガスやら配管がでてきたり。

木の根っこが大きく希望の植物が植えられなかったり。

毎回、現場での技術と経験が試される気がします。

その分、完成したときの達成感は◎

デザインの様に完成するか。

ワクワク。

看板と箱庭(その2:木彫りの看板と基礎工事)はこちら

藤沢市 造園 蛭田造園

PAGE TOP