板塀の廃材、結果自由。

蛭田圭一蛭田造園では、おかげさまで焼き杉の板塀のご依頼を多くいただきます。
杉板は、炙ることで防腐・防虫に優れた素材になります。
焼き目をしっかりしごく事で木目が綺麗に浮かびあがり、
木材としての温もりや風合いが増します。
この板塀は、伝統、現代、洋風どのお庭や建物にも馴染み易く◎

ということで、

焼き杉の板塀の施工後に切れ端がでます。

廃材です。

この廃材を利用して、小さなプランターを造ってみました。
厚さ1cmの板を10cm角で切り出し、センターを丸く切り抜きます。
これを10数枚造りシュロ縄でガッチリと。

焼き杉のプランター

部屋のワンポイントアクセントになればと。。。

造ってから、

1週間後には、

焼き杉のペン立て

シュロ縄が外され、

形を定めない、板の重なり。

ペン立て。

ついでに桜の枝も入れて。。

いろいろ自由。

藤沢市 造園 蛭田造園

PAGE TOP