水琴窟、脳がやすらぐ瞬間。

蛭田圭一植物の間からひょっこり竹筒が飛び出している。
ここは住宅街。うん、住宅街の水琴窟。
しかも、立札には「ご自由にお試しください。」

粋な方ですね。

水琴窟

水琴窟とは、
地中に埋めた甕(少し水が溜まっている)に水滴が落ちる。
その音が残響して幻想的な高音が聞こえてくる。
その音を聞くための竹筒。

さらに、Wikiで調べてみたら、
日本庭園の装飾の一つ。江戸時代に庭園の設備として用いられた・・・
音を庭の要素に盛り込む日本庭園の美感。
人を喜ばすための創意工夫。気持ちがいいです。

話には聞いていたが体験するのは初めて。
竹筒に耳をあてた瞬間に、現在位置を忘れます。
いい音。いい雰囲気。
脳がやすらぐ瞬間。

水琴窟。いいアイデアが生まれそうです。

藤沢市の造園 蛭田造園

PAGE TOP